脳卒中・心臓発作・溺死は、冬場に多く発生しています。リビング・寝室などの暖房のきいた
暖かい部屋から、廊下・トイレ・洗面所・浴室及び洗い場など寒い場所に移る時に、10℃以下
にもなる床面へ接触する足元の急激な冷却により血圧上昇がおこる「ヒートショック」が原因と
されています。
   室温の変化にさらされた人間の体は体温を一定に保つために、血管が急激に収縮し血圧の変動
や脈拍の変動を起こします。とくに高齢者は血管がもろくなっているうえ、血圧の上昇幅が大き
く、脳出血などを起こしやすくなります。朝、暖かい寝室から出た時や、トイレ、入浴の際の
脱衣室などで発作を起こす割合が高い事で実証されるでしょう。通常、私たちが着衣の状態で
ありながら、体に瞬時に温変化を与えるのは空気温度ではなく、実際には足の裏で感じる
床面温度である事を重要視しなければならないのです。

この「ヒートショック」を防ぐには、リビング・寝室・廊下・トイレ・洗面所・浴室に続く

動線に床暖房を設置して、床面の温度差をなくす事が必須条件と言えます。

床暖房がヒートショックを防ぐ近道!

床暖房を設置する時の注意点・・・ヒートショックアイランド(島)を作らない事

   住宅は全て動線で繋がっていますので居間から食堂、台所、廊下、洗面、トイレ、浴室に歩く
時など冷たい()エリアを作ると右足は暖かいが左足は冷たいという事になり、非常に不快な
思いを毎日味わう事になりかねません。このような方法で引渡しが完了すれば、やり直しは簡単
にできませんので建主様が後悔しないためにも冷たい島をつくらない事が、床暖房パネルメーカー
採用の大切なコツです。シームレス床暖房では理想的な床暖房パネルを製造・販売しております。